七つの大罪ネタバレ【119話感想】<十戒>ガランの闘級がヤバい

 

スポンサーリンク

 

<十戒>ガランの闘級がとんでもないことに!?

 

 

2015年3月25日発売

週刊少年マガジン17号掲載

 

七つの大罪

第119話/<十戒>始動

 

スポンサーリンク

 

目次

●119話の簡易ネタバレ

●七つの大罪ネタバレ【119話感想】『<十戒>始動』

⇒119話のキーマン

⇒119話の見どころ

⇒119話の考察

●まとめ

 

 

119話の簡易ネタバレ

 

119話のネタバレをササッと確認したい方はこちら!

119話の簡易ネタバレを読む

 

スポンサーリンク

 

七つの大罪ネタバレ
【119話感想】
『<十戒>始動』

 

119話のキーマン

 

119話のキーマンは<十戒>のガラン!!

ガラン
出典:animemangainf.blog.jp

 

ついに<十戒>が動き出しました!

そして、いきなり闘級が判明!!

 

これは・・・

無理すぎだろーーーwww

 

119話の見どころ

 

◆神器ロストヴェインの特殊能力

 

巨獣アルビオンを倒したメリオダスの分身技は

神器ロストヴェインに備わる特性だったことが判明しました!

 

特性は「実像分身」

ただ、本体と同じ強さの分身を召喚できるわけではなく

分身を出せば出すほど、一体一体の闘級は減少

 

巨獣アルビオン戦で出した4体分身の場合

分身それぞれの闘級はたった420しかありません。

実像分身
出典:mangakansou.com

 

「じゃあ、「実像分身」弱いじゃ~~~ん」

と思うかもしれませんが、

メリオダスの魔力が「全反撃」ということをお忘れなく!

 

「全反撃」はほぼ0の力であらゆる魔法を跳ね返せる技なんで

分身はメリオダスにはうってつけの特性と言えます。

 

とにかくこれでメリオダスが大幅パワーアップ!

これで敵なしなんじゃね?

 

いやいやそんなに甘くはなかった!!

 

◆<十戒>のガラン登場

 

なんとなんと!!

今回早くも<十戒>の一人が登場!!

ガラン②
出典:onepiece-naruto.com

 

雲をつけぬけ超ド派手に登場w

 

<十戒>

「ふーむ…72歩か…」

「この距離なら70歩で届くと思うたが…」

「三千年の間になまったものよ」

 

なにそれwww

明らか空飛んでたけどwww

この人にとっては歩いてる感覚なの?www

 

この鎧の<十戒>の名前はガラン!!

そして、いきなり闘級が判明しちゃいました!!

 

その数値は・・・

2万6000www

ガラン闘級
出典:nanatu-no-taizai-pom.blog.so-net.ne.jp

 

え!?これってwww

「戦闘力53万」の件じゃ・・・www

53万

 

いやぁいったいどうなっちゃうんでしょうか?

魔神化ヘンドリクセンでも絶望感やばかったのに

全然休まる暇がねえw

 

次回<十戒>とのバトルをお楽しみに♪

 

119話の考察

 

◆神器にはそれぞれ特性あり!?

 

今回でメリオダスの神器には

特性があることが判明しました!

 

ということは、

神器それぞれになにかしらの特性があるっぽいですね!

 

ディアンヌも

「んーと…ボクのはねー」

って言いかけてましたし。

 

ほかの大罪メンバーの神器の特性も気になるところです!

 

◆<十戒>のガランはまじで闘級2万6000!?

 

<十戒>のガランの闘級が2万6000と判明しましたが

これって魔力が尽きた状態の闘級?

それともフルパワー想定?

 

今、<十戒>たちは封印の影響で

魔力が底を尽きているんで

もし、この闘級が底を尽きた状態のものなら・・・

 

フルパワーの闘級は

いったいいくつになっちゃうんでしょうか!!

 

 

まとめ

 

今回は、<十戒>の闘級が明らかになり

衝撃的な回でした!

 

しかも、最初に登場するやつって

大体弱いキャラなんでw

ほかの<十戒>の闘級はもっと上かもしれませんね~。

 

Topページへ戻る

 


ギルサンダーら聖騎士たちの過去が明らかに!?




ギルサンダーやハウザーら、聖騎士たちの幼少期が描かれる
七つの大罪には-外伝-が存在した!
⇨ギルサンダーの過去を読むにはこちら


おすすめコンテンツ




コメントを残す


9 − = 二

サブコンテンツ

このページの先頭へ