七つの大罪ネタバレ123話感想【ヘンドリが新魔法を発動】

スポンサーリンク

どうも〜、KAZUです☆

 

前回はヘンドリクセンがしれっと登場して
違和感しかなかった感じですがw
今回はどうなるんでしょうか?

 

いやいや、その前に
目の前の敵、灰色の魔神に集中せねばw

 

2015年4月22日発売
週刊少年マガジン21・22号掲載

 

七つの大罪
第123話/償いの聖騎士長

スポンサーリンク

七つの大罪ネタバレ123話感想【ヘンドリが新魔法を発動】

 

グリアモールのヘンドリクセンの嫌い方がヤバイww

 

なんの謝りもなく登場したヘンドリクセンw
グリアモールさんは怒り心頭です。

グリアモール激怒

 

灰色の魔神の攻撃からも・・

 

ヘンドリクセンかばわない

ヘンドリクセンだけ守らないw

 

さすがにそこは守ってあげてもいいんじゃない?w

 

灰色の魔神の実力

 

灰色の魔神・・
ヘンドリクセンがつかってた技をつかってきてますね〜

黒雪

暗黒の環

 

ただ、ヘンドリクセンとは違って
完全無敵ってわけじゃなさそう。
しっかりダメージ受けてますし。

灰色の魔神ダメージ

 

これなら聖騎士3人+ヘンドリクセンならいけるかもしれない!

 

ヘンドリクセンの新たな魔力”浄化(パージ)”発動

 

雷鳴斬

 

ワールショック

ハウザーの”ワールショック”、ギルサンダーの”雷鳴斬”で一瞬のスキを作り

ヘンドリクセンが灰色の魔神の懐に潜り込む。

 

そして!!

 

ヘンドリクセンが新魔力の”浄化(パージ)”を発動!!
灰色の魔神を一撃っす( ´ ▽ ` )ノ

浄化

 

『浄化(パージ)』は今は亡きギルサンダーの父
ザラトラスの魔力らしいです。

ザラトラス

 

『浄化』は自然ならざる魂を消し去るドルイドの秘術。
ザラトラスも女神族を信仰すると森の賢者ドルイドの生まれでした。
これはヘンドリクセンも同じでしたね。

 

てか、これ魔神族を一撃で倒せちゃってこと?
もしかして〈十戒〉にも効いちゃったりすんの??

 

ヘンドリクセンが思わぬ感じで重要キャラに。

スポンサーリンク

ザラトラスを殺害した理由が判明する!?

 

ヘンドリクセンとドレファスが聖騎士長になる前の聖騎士長ザラトラス。

 

彼はヘンドリクセンとドレファスに殺害されたとされてますが
これにはどうやらがありそうっす!

 

話は10年前に遡る。
ヘンドリクセンとドレファスは亡国ダナフォールの調査に出向く。
うわぁぁ、超気になる〜〜((((;゚Д゚)))))))

 

そして、10年前のドレファスの髪型も気になる〜〜((((;゚Д゚)))))))ww

 

10年前、いったいなにがあったのか?
なぜザラトラスを殺害することになったのか??

 

熱い展開になってきましたね^ ^

 

まとめ

 

いやぁ、やっぱり漫画の過去話はワクワクしますね!
ザラトラス殺害の経緯は超気になります!

 

ただ・・
今回は合併号なんで次週はお休み。。
残念ながら再来週までお預けです〜(´Д` )

 

あれ??
そういえばヘンドリクセンまだ謝ってなくね?
まだしらばっくれてね?ww

 

TOPページに戻る

 


ギルサンダーら聖騎士たちの過去が明らかに!?




ギルサンダーやハウザーら、聖騎士たちの幼少期が描かれる
七つの大罪には-外伝-が存在した!
⇨ギルサンダーの過去を読むにはこちら


おすすめコンテンツ




コメントを残す


+ 1 = 十

サブコンテンツ

このページの先頭へ