七つの大罪ネタバレ124話感想【リズ殺害の犯人が判明】

スポンサーリンク

漫画大好きKAZUです☆

 

今回の七つの大罪はヘンドリクセンとドレファスの過去のお話
ドレファスとヘンドリクセンがザラトラスを襲った理由が判明します。

 

魔神族・・
許すまじです( ;´Д`)

 

2015年5月1日発売
週刊マガジン23号掲載

 

七つの大罪
124話/友情がもたらしたもの

スポンサーリンク

 

七つの大罪ネタバレ124話感想【リズ殺害の犯人が判明】

 

ダナフォールの大穴を大調査

 

陛下の命令によりダナフォールの大穴の調査に出向いた
ヘンドリクセンとドレファス。

ダナフォール調査

 

これはメリオダスがダナフォールを壊滅させたときに開けた大穴ですね。

ダナフォール穴

 

なぜ、メリオダスがダナフォールを壊滅させたのか・・
その理由もそろそろ判明しそうな感じがします。
メリオダスに隠された5つの謎

 

大穴の中はかな〜り暗いようで
お互いの顔が見れないほど。

 

ただ、用意周到なヘンディーは呪言の玉という明かりを持ってました!

呪言の玉

 

ヘンドリクセンが「腐蝕(アシッド)」に覚醒した理由も判明。

腐蝕覚醒理由

 

やや暗めな過去をお持ちでw
まあ、触れたものを腐蝕させる能力なんて
「絶対に近づいてほしくない」ですもんねww

 

ヘンドリクセンとドレファス、仲良いっすね^ ^

ヘンドリクセンドレファス仲良い1

ヘンドリクセンドレファス仲良い2

 

そこに!?
2人の友情を引き裂くヤバいやつが!?

スポンサーリンク

魔神族現る

 

禍々しい気配を放つ、謎の声が!

謎の声

 

謎の声の主は魔神族!!

 

いきなりドレファスが乗っ取られる!

ドレファス乗っ取られる

 

が!?

ドレファスすげえ

 

ドレファスすげーーww
魔神族の操心の術を堅固な意志でものともしない。

 

しかし!!
ヘンドリクセンは別!!

ヘンドリクセン乗っ取られる

 

ヘンドリクセンが・・

ヘンドリクセン操られる

 

ドレファスの顔には魔神の紋章が!
そして、ヘンドリクセンは操られているのか、
うつろな目をしてる。

2人操られる

 

魔神に操られたドレファスとヘンドリクセンは共謀して
当時の聖騎士長ザラトラスを殺害し、
〈七つの大罪〉に罪を着せ、追放しました。

 

ヘンドリクセンが魔神復活を目論んだのも
自分の意志ではなく、魔神に操られていたからだったんですね。

 

ドレファスを乗っ取った魔神の名はフラウドリン

 

フラウドリン許すまじ・・

 

メリオダス最愛の恋人、リズにまで手をかけていたことが判明

 

ドレファスを乗っ取り、ヘンドリクセンを操っていた
フラウドリンはメリオダスの恋人、リズまで手をかけていたことが判明しました!

リズ殺害

 

全ての元凶となるフラウドリン・・
コイツだけは絶対許せない!!

 

メリオダス!
絶対倒してくれーー!!

 

まとめ

 

今回は大事なことが判明しまくりましたね!
・リズを殺害した犯人
・ザラトラスが殺害された理由
・ヘンドリクセンとドレファスが操られていた理由

 

とにかくフラウドリンは許せない!!

 

ただ、現状〈十戒〉には勝てないと思うんで
ここからパワーアップするんでしょうかね?

 

これからが楽しみです!

 

TOPページに戻る

 


ギルサンダーら聖騎士たちの過去が明らかに!?




ギルサンダーやハウザーら、聖騎士たちの幼少期が描かれる
七つの大罪には-外伝-が存在した!
⇨ギルサンダーの過去を読むにはこちら


おすすめコンテンツ




コメントを残す


九 − 1 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ