七つの大罪【ネタバレ104話感想】妖精王?バン?

スポンサーリンク

 

2014年11月20日発売
週刊少年マガジン51号掲載

 

七つの大罪
第104話/妖精王の帰還

 

スポンサーリンク

 

簡易ネタバレ

 

バンの目的地は妖精王の森
森は二十年前に消失しているはずだが?

なんだかんだ言ってキングはバンについて行く
なぜかジェリコも同行?

突如深い霧に囲まれ霧が晴れると
そこには巨大な森が広がっていた

妖精たちが妖精王の帰還を喜ぶ
妖精たちが妖精王と呼ぶのは
キングではなく、まさかのバン!?

 

スポンサーリンク

 

七つの大罪
【104話ネタバレ感想】
『妖精王の帰還』

 

目次

・バンのキングいじめワロタwww
・バン率いる珍パーティ結成?
・妖精王の森に到着!?
・妖精王の帰還、お前が妖精王!?

 

バンのキングいじめワロタwww

 

バンの目的地は妖精王の森
妖精王の森は二十年前に消失したはずだが。

 

バンの行方が気になるキングはバンに同行
バンはけっこうウザがってますがw

 

そして、バンのキングのからかい方が笑っちゃうw

 

バン
「いいのかよ?黙って店を留守にしたらディアンヌが心配すんぞ?」
「あいつ言ってたなァ~♬」
「「キングがいないとボク寂しくて死んじゃう!」って」

 

キング
「え…それ本当!?」

 

バン
「ウッソー♬」

 

もう中学生みたいなノリwww
すぐ信じちゃうキングもかわいいwww

 

もう一発!

 

バン
「一緒に祭りに行ったんじゃねーのかよ」

 

キング
「ディアンヌは義理堅くて心の優しい娘だからね」
「アレは自分を助けたオイラへのお礼さ」

 

バン
「キング…」
「すっげ―――ど―でもいい♬」

 

キングけっこういい感じのこと言ってるのにw
この2人ほんと学生みたいなノリだなw

 

バン率いる珍パーティ結成?

 

なんだかんだ言ってバンの行方が気になり同行するキング。
さらにもう一人バンの行方が気になる女が・・・!?

 

ジェリコ

 

「気になってちょっとついて来ただけ」
と20マイル歩いて来たジェリコw

 

1マイルが1.6㎞なので、その距離約32㎞www
32㎞がちょっとって・・・
恋ってコエェwww

 

キングにジェリコを加えた
バン率いる珍パーティが結成www

 

今後は、このメンバーで旅を続けていくんでしょうかね?

 

妖精王の森に到着!?

 

二十年前に消失したはずの妖精王の森。
キングはまだ妖精王の森があることを信じてないですが、
突如、バンたちは濃い霧に囲まれる。

 

そして、霧が晴れるとそこには・・・
巨大な森が広がっている!?

 

これはもしや妖精王の森!?
バンの言う通り、妖精王の森は実在していた。

 

妖精王の帰還、お前が妖精王!?

 

森には妖精が飛んでいる。
どうやら本当に妖精王の森は実在していた。

 

妖精王の帰還を喜び飛んで来る妖精たち。

 

しかし、妖精王と呼び妖精たちが向かったのは
まさかのバン!?

 

どうやらエレインから受け取った種をバンが植えたことで
妖精王の森が復活したようです。

 

バンが妖精王と呼ばれる一方で、
キングは裏切り者と拒絶される。

 

いったい妖精王の森でなにがあったのか!?
バンとキングはどうなってしまうのか!?

 

次回お楽しみに!

 

Topページへ戻る

 


ギルサンダーら聖騎士たちの過去が明らかに!?




ギルサンダーやハウザーら、聖騎士たちの幼少期が描かれる
七つの大罪には-外伝-が存在した!
⇨ギルサンダーの過去を読むにはこちら


おすすめコンテンツ




One Response to “七つの大罪【ネタバレ104話感想】妖精王?バン?”

コメントを残す


9 + 五 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ