七つの大罪【ネタバレ105話感想】生きていたヘルブラム!?

スポンサーリンク

 

生きていたエレイン、そしてヘルブラム!?
メリオダスの異議ありってなに!?www

 

2014年11月27日発売
週刊少年マガジン52号掲載

 

七つの大罪
第105話/何者でもない

 

スポンサーリンク

 

簡易ネタバレ

 

バンが森の奥へ進むと
そこにいたのは目を閉じたままのエレイン

キングは妖精たちに拒まれる
落ち込むキングの前に現れたのはヘルブラム!?

場面は変わり、七つの大罪がいる王国へ
国王から勲章を得るというところで
メリオダスが「異議あり!!」!?

 

スポンサーリンク

 

七つの大罪
【ネタバレ105話感想】
『何者でもない』

 

目次

・目覚めぬエレイン
・生きていた!?ヘルブラム
・七つの大罪勲章拒否!?www

 

目覚めぬエレイン

 

バンが森の奥へ進むと
そこには目を覚まさぬエレインがいた。

 

エレインが目を覚ます方法はあるんでしょうか?

 

王国でバンが女神族との交信ができるとされる
『ケルヌンノスの角笛』に願ったとき、
女神族の力なら妖精を蘇らせることはできる
と、言ってましたよね。

バンとケルヌンノスの角笛

 

そのときはめちゃくちゃ怪しかったですがw
実際エリザベスの女神族の力を見たら
亡くなった人間を蘇らせることも確かにあり得そう

 

エリザベスの力では
死んだ人間を蘇らせることまではできなかったですが、
もっと強い力をもつ女神族なら
それもできるんじゃないでしょうかね?

 

エレイン復活のカギは
女神族が握っているのかもしれませんね。

 

それにしてもバンがエレインを想う気持ちは
とてつもないw

 

バンが人に好意を寄せること自体が
ほとんどないですからね。

 

こんなバンを見れるのはエレインの前だけなんで
今のうちによーく見ておきましょうw

 

生きていた!?ヘルブラム

 

妖精たちに拒まれ一人落ち込むキング。

 

親友からもらったカブトを被ると
そこに立っていたのは・・・
ヘルブラム!?

 

ヘルブラムはキングが倒したはずじゃ!?

キングvsヘルブラム

 

もちろんヘルブラムが生きているわけではありません。
という形で
キングが着けているカブトに宿っているみたいです。

 

なので、カブトを被ることで
ヘルブラムの姿を見ることができるようになりました。

 

お~、これでキングはいつでもヘルブラムと一緒ですねw

 

そして、ヘルブラムの口からは少し気がかりな言葉が・・・
「それからヘンドリクセンのことなんだけど」

 

ヘルブラムは自分の思い過ごしと、
詳しくは語りませんでしたが、
ヘンドリクセンの近くにずっといたヘルブラムなら
ヘンドリクセンのさらなる秘密を知っているのかも。

 

ヘンドリクセンにはまだなにか秘密があるのは
間違いなさそうです。

 

七つの大罪勲章拒否!?www

 

一方、王国の七つの大罪たちは
国王から勲章を授与されることに。

 

いよいよ国王から勲章を授与されるか・・・
というところで!?

 

メリオダス
異議あり!!

 

これはwww
逆転裁判ですか!?www

 

勲章は受け取らないという七つの大罪。
「俺たちはあくまで罪人だ」
ということなんでしょうかね。

 

王国に残った七つの大罪がこれから
何を目的に行動するのか気になりますね。

 

では、次回お楽しみに。

 

Topページへ戻る

 


ギルサンダーら聖騎士たちの過去が明らかに!?




ギルサンダーやハウザーら、聖騎士たちの幼少期が描かれる
七つの大罪には-外伝-が存在した!
⇨ギルサンダーの過去を読むにはこちら


おすすめコンテンツ




2 Responses to “七つの大罪【ネタバレ105話感想】生きていたヘルブラム!?”

コメントを残す


8 − = 二

サブコンテンツ

このページの先頭へ