七つの大罪【ネタバレ106話感想】メリオダスの強さが判明

スポンサーリンク

 

新要素『闘級』!?
戦闘力が測れる!?

 

2014年12月3日発売
週刊少年マガジン1号掲載

 

七つの大罪
106話/バロールの魔眼

 

スポンサーリンク

 

簡易ネタバレ

 

七つの大罪の勲章授与に文句がある3人が登場
聖騎士長補佐デンゼル配下の『蒼天の六連星』

メリオダスと力試しをしたいと申し出る

ホークは新たに入手した『バロールの魔眼』で
相手の『闘級』を測れるようになっていた

相手の『闘級』は860
普通の聖騎士の基準が300らしい

メリオダスが相手をボコボコに
ホークがメリオダスの『闘級』を測ると・・・
3370!?

 

スポンサーリンク

 

七つの大罪
【ネタバレ106話感想】
バロールの魔眼

 

目次

・『蒼天の六連星』登場
・バロールの魔眼
・メリオダスの『闘級』判明

 

『蒼天の六連星』登場

 

七つの大罪の勲章授与に文句を言いたげな三人が姿を現す

 

彼らは、『蒼天の六連星
聖騎士長補佐デンゼルの配下。

 

『白金』のドゲッド
『金剛』のデスピアス
『白金』のワイーヨ

 

いかにも『モブキャラ』wって感じですが、
実力はどんなモノなんでしょうか?

 

バロールの魔眼

 

『蒼天の六連星』『白金』のドゲッドを見た
ホークの口から気になる言葉が。

 

ホーク
魔力290武力470気力100の闘級860か

 

ん?何言ってんだコイツ?
ついに頭おかしくなったか?w

 

もちろん、ホークが適当に言ってるわけではないですよ。
実は、ホークは相手の強さである
『闘級』を測れるようになっていたんです。

 

それは、新アイテム『バロールの魔眼』のおかげ。
なかなかグロテスクなイヤリングw

 

この耳飾りをつけて相手を見ると、
魔力、武力、気力それぞれの強さの数字がわかり
その数値をもとに、その人物の強さである『闘級』がわかるのだ。

 

これって○ラゴンボールでも見たことあるようなw
鈴木央先生、○ウターじゃないよね?w
戦闘力じゃないよね?w

 

ちなみにホークの『闘級』は30w

 

今までの登場人物の『闘級』が気になるところですね。

 

メリオダスの『闘級』判明

 

メリオダスに喧嘩を売ってきた
『蒼天の六連星』ドゲッドとの戦いの中で
メリオダスの『闘級』が判明しました

 

ちなみに、ドゲッドとのバトルは
それはもうボッコボコでしたw
ドゲッドがかわいそうなほどにw

 

メリオダスの『闘級』は、
『魔力400武力960気力2010』の『3370』。

 

メリオダス・・・
気力クソタケェェェwww

 

以前、七つの大罪の個人的強さランキングを作ったんですが、
この『闘級』がわかれば一目瞭然ですね。

個人的七つの大罪強さランキング

 

他の七つの大罪メンバーの『闘級』を
知りたいところですね。

 

『蒼天の六連星』の一人がボッコボッコにやられ、
残るメンバーはどう動くのか

 

次回お楽しみに。

 

Topページへ戻る


ギルサンダーら聖騎士たちの過去が明らかに!?




ギルサンダーやハウザーら、聖騎士たちの幼少期が描かれる
七つの大罪には-外伝-が存在した!
⇨ギルサンダーの過去を読むにはこちら


おすすめコンテンツ




2 Responses to “七つの大罪【ネタバレ106話感想】メリオダスの強さが判明”

コメントを残す


× 七 = 56

サブコンテンツ

このページの先頭へ