七つの大罪考察【不気味すぎるゴウセルの正体に迫る】

スポンサーリンク

 

個性あふれる七つの大罪メンバーの中でも
一際、異色の存在ゴウセル。

 

今回は謎すぎるゴウセルの正体について
考察していきたいと思います。

 

ゴウセル

 

ゴウセル

〈色欲の罪(ゴート・シン)〉
性別:男
年齢:不明
魔力:侵入(インベイジョン)
神器:双弓ハーリット
闘級:3100(魔力1300武力500気力1100)

 

中性的な見た目のメガネをかけた美青年。
感情という感情がないのが特徴的。
戦闘では相手の精神世界に侵入するという
凶悪な闘い方をするw

 

スポンサーリンク

 

ゴウセルの正体が謎すぎるw

 

なんか七つの大罪キャラの中でも異彩を放ってますよね。
ゴウセルという存在はw

 

味方でありながら敵のような。
素性が全く知れない感じも怪しいです。

 

なにを考えてるかも
全くわからないですしね~。

 

そういえば初登場は
アーマンドという名前でベリオの従者でしたが、
どういう経緯でそうなったんですかね?

 

スポンサーリンク

 

人間味がないゴウセル!?

 

まず、ゴウセルからは人間らしさが感じられないw
見た目はいたって普通の美青年なんですが、
一言しゃべりだすともう違和感w

 

よく言う、「黙ってりゃ○○なのに~」
的要素をもつゴウセルw

 

ヘンドリクセン戦で
ホークがメリオダスの盾になった件が
印象的ですね。

 

バンがホークの死を悲しむ中、
「ホークが盾になって良かった」
「戦力的に問題がない」
と一刀両断w

 

他人の生き死にを戦力で判断するあたりは
やはり人間味が欠けている。

 

というよりももはや人間ではない、
という考察のほうが正しいでしょうか。

 

首が飛んでも生きてるゴウセルw

 

ゴウセルの首がやられたシーンは2回あります。

 

最初は、国王直属の聖騎士部隊ドーンロアー戦。
スレイダーとのバトルで首をへし折られたのにも関わらず
余裕で生きてましたw

 

次は、ヘンドリクセン戦。
魔神化したヘンドリクセンに首ちょんぱにされても
自分で頭を拾い出すゴウセルw

 

これはもう人間ではないことは確定的か?

 

考察結論!ゴウセルの正体は人間じゃない!?

 

人間の感情を全く理解できず
戦力だけで判断したり、
首が切断されてもまだ生きていることから考えて、

 

ゴウセルは人間ではないと予想します!

 

となると、ロボットやアンドロイドが近いか?

 

もしそうだとしたら
今度は誰が何のために作ったのかが
気になるところです。

 

「新しい鎧を用意しよう」と、
マーリンが言っていたので
ゴウセルの秘密はマーリンが握っている可能性が高いです。

 

今後、明らかになるんでしょうね。
その時までお楽しみに!

 

Topページへ戻る

 


ギルサンダーら聖騎士たちの過去が明らかに!?




ギルサンダーやハウザーら、聖騎士たちの幼少期が描かれる
七つの大罪には-外伝-が存在した!
⇨ギルサンダーの過去を読むにはこちら


おすすめコンテンツ




3 Responses to “七つの大罪考察【不気味すぎるゴウセルの正体に迫る】”

  1. […] ゴウセルの正体について考察した記事を 以前書いていますので参考にどうぞ。 ⇒ゴウセルの正体について考察 […]

  2. papamama" より:

    ゴウセル、人形じゃないかな?

    • ふー より:

      あなたがコメントした日には既にゴウセルの正体は人形(ドール)だと判明してます。
      残念wwwwwww

コメントを残す


+ 4 = 十二

サブコンテンツ

このページの先頭へ