七つの大罪【ネタバレ112話感想】ゴウセルVSディアンヌ

スポンサーリンク

 

ゴウセルVSディアンヌ!?

 

2015年1月28日発売
週刊少年マガジン9号掲載

 

七つの大罪
第112話/存在と証明

 

スポンサーリンク

 

簡易ネタバレ

 

ディアンヌとエリザベスはジールに会うが、
ジールは記憶を失っている?

近くにいたゴウセルとギーラ、
ギーラもジールの記憶がない

ギーラとジールの記憶はゴウセルが操作していた
ゴウセルは感情を理解する心を手に入れようとする

マーリンは10年前、メリオダスから奪ったものを
本当に返してもいいのかと尋ねる

ゴウセルはメリオダスとバンの闘いから
本当に必要なものは愛情だと判断し
そのためにギーラを利用していた

ゴウセルの言動にディアンヌが激怒
ディアンヌVSゴウセルが始まる

 

スポンサーリンク

 

七つの大罪
【ネタバレ112話感想】
『存在と証明』

 

目次

・記憶を失くしたジール
・ゴウセルが欲しかったモノ
・メリオダスが10年前に失くしたモノ
・ディアンヌVSゴウセル

 

記憶を失くしたジール

 

エリザベスとディアンヌが2人でぺちゃくちゃ。
会話はやっぱり恋バナw
やっぱり女の子って恋バナ好きなんですかね~。

 

キングとディアンヌが両想いなことを羨むエリザベス。
エリザベスはメリオダスのかつての恋人、
リズの存在を気にしてます。

 

リズの話も気になりますね~。
今後、登場することはないと思いますが、
メリオダスの過去編で詳しくわかるはずです。

 

恋バナに夢中wの2人は
1人で散歩してるジールを発見。

 

あれ?ジールは前回ゴウセルのとこにいたはずじゃ?
しかも、様子がおかしい!?

 

ディアンヌたちに「ギーラはどうしたの?」
と聞かれても、

 

ジール
「ギー…ラ?」
「誰…その人」

 

いやいやいやw
君のお姉ちゃんですよ?ジール君w

 

さらには、自分がジールという名前ということも、
ここがどこかもわからないと言い始める!

 

まさかの記憶喪失!?
しかも、「ここはどこ?私は誰?」なんて
めちゃめちゃベタなセリフw

 

都合よくw
近くにはゴウセルとギーラがいました。

 

でも、ギーラの様子もおかしい!
ディアンヌのことを覚えていないし、
弟のジールのことも忘れてる!

 

これは絶対なにかおかしいぞ!

 

ゴウセルが欲しかったモノ

 

この異常な事態に
ディアンヌはゴウセルに疑いの目をかける。

 

ディアンヌ
「ゴウセル…?」
「まさかキミが…」
「二人の記憶を操作したの…!?」

 

ゴウセル
「そうだ」

 

まさかの自供w
一瞬で犯人が発覚w
そして、なんと大胆な犯行w

 

ゴウセルが欲しいのは「」。
感情を理解する「心」。

 

そのためには2人の記憶操作は必要な行為と過程。
ギーラとの関係を構築する上で弟のジールは
いらないと、ゴウセルは判断しました。

 

こいつ、まじで人間じゃねえw
誰か、こいつに人間とはなんなのかを
教えてやってくださいw

 

ゴウセルが欲しがるのは
「心」の中でも、特に「愛情」。

 

ゴウセルは今までは、
互いを認め高め合う友情こそが
必要だと考えていました。

 

でも、この前のメリオダスとバンの戦いの中で
友情を超える力を目の当たりにしたんです。

 

その感情からバンはメリオダスを殺そうとし、
その感情からメリオダスはバンと全力で応戦した。

 

メリオダスは負傷状態でありながら
闘級が430の上昇、
バンは650の上昇が見られた。

 

この力の正体こそが、「愛情」。

 

友情よりも愛情を学ぶべきと考えたゴウセルは
ギーラの記憶を操作し、
愛情を理解するためだけにギーラを利用したんです。

 

ゴウセルの勝手な行動にディアンヌが激怒

 

ディアンヌ
「どんな理由があったって
人の記憶を勝手にいじるなんていいわけがない!!!!」

 

相容れないディアンヌとゴウセルのバトルが始まる!!

メリオダスが10年前に失くしたモノ

 

メリオダスはマーリンが10年前、
メリオダスから奪ったものを取り戻しに来ている。

 

改めてマーリンはメリオダスに確認。

 

マーリン
「本当に返してもいいのだな?」
「あくまで団長のためを思っての進言だ」

 

マーリンがここまで確認するってことは
よっぽどヤバいモノなのか?

 

強さを手にする代わりに
リスクはかなり大きそうです。

 

ちなみに前回ゴウセルが捨てた薬を食べたホークですが、
今回でガッツリその症状が出ちゃってますw

 

ホーク
「のほっのほほほっ」
「痴話喧嘩は豚も食しませぬよ?」

 

うわぁ~、完全にラリってるw

 

ゴウセルが捨てた薬は「魔力安定剤」でした。
いたって普通の薬でしたねw

 

ディアンヌVSゴウセル

 

ついに七つの大罪同士のガチバトルが勃発
しかも、ディアンヌVSゴウセルという超意外な組みわせ。

 

メリオダスたちを呼びに行こうとする
エリザベスをゴウセルが狙うが、
ディアンヌがそれを阻止。

 

「騒ぎになるのは面倒だ」と言うゴウセルは、
「“大停電”(ブラックアウト)」という技で
半径3マイルの気力400未満の全生物の思考を停止させる。

 

簡単に人の記憶を消すゴウセルと
やっと大切な記憶を思い出せたディアンヌの戦いが今始まる!

 

いやぁ、まさかこんな展開になるとは。
この闘いいったいどっちが勝つんでしょうね。

 

ちなみに闘級だけでみたら
ディアンヌが3250でゴウセルが3100とディアンヌ有利。

 

ただ、かなーり心配なのが、
ゴウセルが記憶を操作するっていうこと。

 

せっかくキングのことを思い出した
ディアンヌの記憶が失くなったらもう立ち直れませんw

それでは次回お楽しみに。

 

Topページへ戻る

 


ギルサンダーら聖騎士たちの過去が明らかに!?




ギルサンダーやハウザーら、聖騎士たちの幼少期が描かれる
七つの大罪には-外伝-が存在した!
⇨ギルサンダーの過去を読むにはこちら


おすすめコンテンツ




コメントを残す


八 − 4 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ